« 会いに行って参りました。 | トップページ | 「先生」について      その二 »

「先生」について      その一

 もう落ち着きましたが、 どうしてこんなに悲しく涙が込み上げてくるのか、

私にも解りませんでした。

いつも茶化して笑っておられて、いつも遠くから見ておられた。

友人から「妹を見るような目で見ておられたのじゃない?」と言われました。

 あの頃送られたBirthdayカードに

「私から『イビル』娯楽を奪わないで下さい」と書いてありました。

(もうその頃は私の退職は決まっていましたから)

 イビリながらもその遠い瞳は温かいものだったのです。

もっともっと大事にしておけばよかった。

先生に教えてほしいことがまだまだ沢山あったのに・・・

そのことに気付かされたからかもしれません。

|
|

« 会いに行って参りました。 | トップページ | 「先生」について      その二 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 会いに行って参りました。 | トップページ | 「先生」について      その二 »